【世界初】可視光応答型光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認

ニュース

2020年9月25日 奈良県立医科大学のプレスリリース

この度奈良県立医科大学が可視光応答型光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認したと発表がありました。

発表の内容で要約すると、
部屋、建物の壁や天井、床、机等をすべて光触媒の加工をしている場合、その部屋の新型コロナウイルスは
1時間後に99.7% 2時間後に99.9%除去される(減少する)ということです。

ということは、
直接の飛沫感染以外は極めて少なくなるということでしょう。

光触媒の加工がされている部屋で咳をしたとしても、壁にある二酸化チタンの光触媒作用で
インフルエンザウイルス、ノロウイルス、新型コロナウイルスまでもが1時間後には99%以上不活性化する。

これはかなりの感染症対策になるのではないでしょうか?

可視光応答型光触媒とは

可視光応答型光触媒は、蛍光灯やLEDなど目に見える光でも反応するタイプの光触媒の事です。

光触媒(二酸化チタン)単体では紫外線領域でのみしかOHラジカルを発生できませんでしたが、鉄、銅、銀、タングステンなどを生成時にドープさせることで可視光(蛍光灯やLED)にも反応するよう技術の発達により開発されました。

現行の光触媒は太陽光や蛍光灯などの光を受けることで活性酸素(OHラジカル)を表面に発生させ、その強力な酸化力で菌やウイルスを持続的、長期的に分解、破壊し増殖などを制御(減少させる)します。

イオニアミストプロの光触媒は?

イオニアミストプロの光触媒も【可視光応答型光触媒】にあたります。

この発表でイオニアミストプロへの期待はさらに上がったのではないでしょうか。

しかし現段階で「イオニアミストプロが新型コロナウイルスに効果があります!」とは言えません。
これは、イオニアミストプロで実験を行った発表ではないからです。

化学は日々進歩しておりますが、第三者の検査機関で検査がまだ行われていないため、
イオニアミストプロや他社の製品含めて「新型コロナウイルスに効果があります!」と言える日はもう少し後のようです。

Instagram

上記は個人的見解を含みます。

タイトルとURLをコピーしました